2008年02月09日

マーツァルのマーラー交響曲第9番

macakmahler9.jpg
マーツァルのマーラー交響曲第9番が発売された。
2007年の最新録音である。
早速、スコアを見ながら聞いてみた。
とても良い意味で真面目な演奏だ。1楽章は、ぐしゃぐしゃになりやすいので、どうしても交通整理に徹してしまうキライはあるが、それでもチェコフィルの発する音楽は素晴らしい。
2楽章のレントラーの面白さを聞かせてくれる。重量感のある弦楽器の響きが素晴らしい。木管楽器のソロがとても美しい。
聞きものは3,4楽章。キレのあるリズムと咆哮するオーケストラ。テンポの交代がとても素晴らしく、スピーディー。
適当に勢い任せのところはなく、血の通う音楽が聞こえる。
こういう迫力は、チェコフィルならではだと思う。
4楽章の目一杯鳴り響く弦楽器の美しさは、別格である。重厚で、重たく歌うチェコフィルのスタイルにとても合っている。
マーツァルの作り出す「間」がとてもよい効果を生んでいる。
一連のチクルスでとてもレベルの高い演奏だ。

お勧め度:★★★★

マーラー交響曲第9番
指揮:ズデニェク・マーツァル
チェコフィルハーモニー
2007年10月11&12日録音 プラハ・ドヴォルジャークホール
<EXCL-00010>
posted by ズィコフ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マーラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83189439

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。