2006年09月28日

チェコ秘曲集

talich2.jpg勝手に秘曲集なんて付けたけど、実はチェコの愛すべき隠れた名曲を3曲収録しているCDなのだ。
スメタナ「チェコの歌」は、愛国的な曲であるが、スメタナらしく格式高い音楽である。合唱を伴うこの曲は、10分程度であるが忘れ去るには勿体ない曲である。これを巨匠:ターリヒが戦後すぐのチェコで録音したことに政治的な意図はあるかないか・・・

スーク「おとぎ話」は、スークの代表的な作品の1つでターリヒは、2度録音している。これはもちろん2度目の録音。ハープの伴奏でバイオリンの美しいソロに導き出されるこの美しい曲は、大変魅力的である。たぶん時のコンサートマスターが弾いているのだろうけど、あまりにも美しい。
2曲目は、ポルカ調で哀愁あるクラリネットソロから始まる。そして大円団となる。3曲目も物悲しく、フィナーレでは一転し、情熱的に激しい曲となる。そして最後は、最初のバイオリンソロで幕を閉じるのだ。
ちなみにこの曲は、1901年2月7日にチェコフィルにより初演された。それを記念した100年後の演奏会で、アシュケナージがマーラー交響曲第6番の前半で演奏した。僕は、この時初めてこの曲を実際に聞きあまりの美しさに感動したのだった。

ノヴァークは、ブルックナーを改変したノヴァークではありません。ヴィチェスラフ・ノヴァーク(1870〜1949)で、ドヴォルジャークの弟子で国民学派以降重要な作曲であり、教育者としても高名でエーリヒ・クライバーは教え子の1人である。この「スロヴァキア」組曲は、オルガンとともに感動的な大コラールから始まる。これが様々に形を変えて現れるのだ。4曲目は一転し、民族楽団によるモラヴィア民謡のようだ。ホルンの強力なソロがまた実に魅力的だ。この手の民俗音楽をやらせたら、彼らの右に出るものはいない。本当に凄い演奏だ。恐るべし・・・

それにしても晩年のターリヒは、愛してやまないこうした名曲を、自ら育て上げたオーケストラで楽しく指揮していただろうなぁ

お勧め度:★★★★

スメタナ 
 チェコの歌
スーク
 おとぎ話
ノヴァーク
 スロヴァキア組曲
指揮:ヴァーツァフ・ターリヒ
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
プラハフィルハーモニー合唱団
合唱指揮:ヤン・キューン
1949、1953、1954年録音
<SU 3822-2>
posted by ズィコフ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァーツラフ・ターリヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。