2006年08月31日

クーベリックのブルックナー交響曲第4番「ロマンティック」

kubelikbru4.jpg僕は、ブルックナーの交響曲の中でこの4番だけは好き!と言い張れない。冒頭のホルンの素晴らしいソロ以降、それを引き継いでもっと大きな感動があるのかと思うと、意外とそうでもない。
だからCDも必要以外(意味不明)は、持っていない。いや結構持ってます。
そんな中で、良いと思うのがこのクーベリックの録音。チェコの指揮者でブルックナーを取り上げる指揮者はそう多くもない。ノイマンもゲヴァントハウスと1番の録音を残しただけ。でもそのゲヴァントハウスの前任者:コンヴィチュニーはモラヴィア生まれながら、ブルックナーを得意としてた。
クーベリックはと言えば、ブルックナーを日本でも8番を取り上げるなど、得意としていたと言っても良いと思う。噂によるとクーベリックはバイエルン放送響とブルックナー全集を録音する計画もあったそうな。
このクーベリックの演奏は、厳しさよりも、オーケストラの個性もあるだろうけど、大らかで楽天的である。大げさに書いてある譜面を誇張することなく、誠実に丁寧に演奏する。だから決して豪華に鳴り響くことはない。しかし決して禁欲的ではないので、実に人間的な響きなのだ。だからどこまでもホンワカしているのだ。でもこれは決してダレているということではない。このコンビの蜜月を物語るように、引き締まったアンサンブルと、クーベリックの解釈の説得力は見事という以外ほかはない。南ドイツの明るい金管の響きも大変素晴らしい。もちろん最も重要な冒頭のホルンソロは、惚れ惚れするほどに素晴らしい。

ブルックナーというと、「神」「宇宙」というテーマばかり先行するけど、僕は決してそればかりではないと思う。それよりもずっと人間的で暖かい音楽だと思う。
そんな訳で、このクーベリックの暖かいブルックナーはたまに聞きたくなる愛すべき録音だ。
注文を付けるとしたら、LPにカップリングされていたワーグナー「ジークフリート牧歌」が、これがいつだかの特典盤以来発売されていないこと。だからこれのために中古でLP探して買ってしまったでないかい・・・・

お勧め度:★★★★

指揮:ラファエル・クーベリック
バイエルン放送交響楽団
1979.11.18−21 ヘラクレスザール
SonyMusic<SICC262>
posted by ズィコフ at 23:19| Comment(1) | TrackBack(0) | ラファエル・クーベリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
![[5{#L4, www.sexmaxbox.com, 厳選されたお宝動画を幅広く紹介, http://www.sexmaxbox.com/gazo/32.html
Posted by 厳選されたお宝動画を幅広く紹介 at 2011年06月30日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。