2006年08月26日

クーベリック渾身のドイツ・レクイエム

kubelikdeutsches.jpgラファエル・クーベリックは、チェコが生んだ最高の音楽家の1人だ。偉大なヴァイオリニストを父に持つラファエルは、指揮者として世界の頂点を極めた。
クーベリックのドイツ・レクイエムは、指揮活動の絶頂期1978年のライブ録音である。スタジオ録音では、冷静なクーベリックもライブでは別人のように燃え上がった。このドイツ・レクイエムは、なかだも個人的に非常に気に入っている演奏だ。極上のコーラスとオーケストラが一体となった演奏は、これ以上の録音は他にないものだと思う。個人的に、これがドイツ・レクイエム最高の名演だと思う。
とにかく有無を言わずに聞いて欲しい壮絶な名演だ。

お勧め度:★★★★★

指揮:ラファエル・クーベリック
バイエルン放送交響楽団
バイエルン放送合唱団
ソプラノ:エディット・マティス
オルガン:ウォルフガング・ブレンデル
1978.9.29 ヘラクレスザール
Audite<95.492>
posted by ズィコフ at 15:35| Comment(1) | TrackBack(0) | ラファエル・クーベリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまたまヤフオクで入手、何度か聴いているうちに、ちょっととてつもない演奏であることが分かってきたところ。ほとんど夢の様な録音。実演に接したら泣きそう。
Posted by 夜のガスパル at 2013年05月23日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22841478

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。