2006年08月26日

ケイマルのテレマン

kejmartelemann.jpgこれは2005年チェコフィル来日公演の時に、ケイマルからもらったCDである。いつもマニアックな物を見つけては、サインして!という俺にくれたマニアックなものだ。何がかというと、テレマンのトランペットとバイオリンの協奏曲という非常に珍しい曲が収録されているのだ。かつてケイマルは、ノイマン指揮チェコフィルとシュクヴォールのバイオリンでこの曲を録音していた。
今回は、先生をしているというヤロスラフ・スヴェチェニーのバイオリン。でもこのCDはこのバイオリンがメイン。バッハ、ヴィヴァルディ、クライスラー、タルティーニのヴァイオリン協奏曲の最後に収録されたのがテレマン。
ここでのケイマルは、お得意のピッコロトランペットで華麗で軽やかに吹いている。この録音時で64歳とは思えない、吹きっぷりだ。さすがはミレク。
この曲、なかなか録音はないけど、僕はすごく好きなんだけどね。テレマンらしく本当に良い曲ですよ。オットー・ザウターが録音しているので、こちらは手に入りやすいので、お勧め。

さてさて肝心なバイオリンは、物凄い上手とは言えないけど、実にチェコらしい美しい音色だ。

お勧め度:★★★★★(テレマンだけ)

J.S.バッハ
 2台のバイオリン協奏曲 BWV1043
ヴィヴァルディ
 バイオリン協奏曲 op.3-9
クライスラー
 バイオリン協奏曲
タルティーニ
 バイオリン協奏曲
テレマン
 バイオリンとトランペットの協奏曲
バイオリン:ヤロスラフ・スヴェチェニー、ダナ・ヴラホヴァ
トランペット:ミロスラフ・ケイマル
ヴィルトゥオージ・プラハ
2005.8.30〜9.1 ドモヴィア・スタジオ
SUBITON<SUB 0021-2>
【関連する記事】
posted by ズィコフ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(1) | ミロスラフ・ケイマル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドクターケイ
Excerpt: ドクターケイの集中ケアセットは、肌をしっかり引き締める美容乳液「ケイエマルジョン」と、ビタミン3種に保湿力を兼ね備えた「ケイローション」のセットなんですよ。@コスメの口コミ投稿もいっぱいあるブランド
Weblog: コスメ Gメン
Tracked: 2006-09-15 20:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。