2008年02月09日

武藤英明のモーツァルト

mutomozart4041.jpg
武藤英明がチェコフィルとモーツァルトを録音した。
オクタヴィアの江崎さんが武藤さんのことを「1980年代のチェコフィルの音を持つ指揮者」と言っていた。
まさにそういう「音」が楽しめる録音だ。
今時こういうスタイルなどと批判する向きもあるだろうけど、僕はそうは思わない。今だからこそこういう伝統的なスタイルで演奏することに意味がある。
もはやこのようにオーケストラが一杯に鳴り響く美しいモーツァルトを聞ける機会が少なくなっていると思う。
オーケストラから「モーツァルトの音」を引き出し、自信を持って演奏する。とても素晴らしいことだ。
1980年代のノイマンが指揮していた頃の音。僕が最も愛して止まないチェコフィルの音である。
武藤さんは解説まで書いてとても気合の入った演奏を聞かせてくれるのだ。
この美しさは格別である。
そして普通ならほとんど聞こえることのないラッパがちゃんと主張していることも、素晴らしい。僕が求めていた音だ。

お勧め度:★★★★★

モーツァルト交響曲第40番
モーツァルト交響曲第41番「ジュピター」
指揮:武藤英明
チェコフィルハーモニー
2006年6月10日&16日録音 プラハ・ドヴォルジャークホール
<OVCL-00306>
posted by ズィコフ at 18:31| Comment(37) | TrackBack(5) | モーツァルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーツァルのマーラー交響曲第9番

macakmahler9.jpg
マーツァルのマーラー交響曲第9番が発売された。
2007年の最新録音である。
早速、スコアを見ながら聞いてみた。
とても良い意味で真面目な演奏だ。1楽章は、ぐしゃぐしゃになりやすいので、どうしても交通整理に徹してしまうキライはあるが、それでもチェコフィルの発する音楽は素晴らしい。
2楽章のレントラーの面白さを聞かせてくれる。重量感のある弦楽器の響きが素晴らしい。木管楽器のソロがとても美しい。
聞きものは3,4楽章。キレのあるリズムと咆哮するオーケストラ。テンポの交代がとても素晴らしく、スピーディー。
適当に勢い任せのところはなく、血の通う音楽が聞こえる。
こういう迫力は、チェコフィルならではだと思う。
4楽章の目一杯鳴り響く弦楽器の美しさは、別格である。重厚で、重たく歌うチェコフィルのスタイルにとても合っている。
マーツァルの作り出す「間」がとてもよい効果を生んでいる。
一連のチクルスでとてもレベルの高い演奏だ。

お勧め度:★★★★

マーラー交響曲第9番
指揮:ズデニェク・マーツァル
チェコフィルハーモニー
2007年10月11&12日録音 プラハ・ドヴォルジャークホール
<EXCL-00010>
posted by ズィコフ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マーラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。