2006年11月03日

シューマン交響曲第1&2番

kubelikschu1&2.jpgクーベリックはチェコの指揮者としては珍しく?シューマンを得意としていた。ベルリンフィル、バイエルン放送響と2度の交響曲全集を録音している。クーベリックは録音も多いが、指揮活動から早々に引退したこともあり複数回録音している曲はそれほど多くない。しかも2度の全集を作ったのはシューマン、ブラームスのみ(たぶんね)。
もっとも新世界、我が祖国に限り数多く録音している。マエストロ・クーベリックが本当に愛して止まない曲だったのだろう。

クーベリックが1960年代前半のベルリンフィルと組んだシューマンは躍動感溢れる活き活きした音楽が魅力だ。まだカラヤン色満点でないベルリンフィルも魅力だ。
1番冒頭のホルンとトランペットのファンファーレからいかにも「ドイツ」のサウンド全快である。「春」に関しては、もう少し明るいサウンドであったも良いなぁと思うところもあるけど、それはオケの個性だ。クーベリックの健康的な音楽が、シューマンと良く合うと思う。決して煽り立てることもなく、内から秘める力で自然と高揚するクーベリック。これはチェコ人指揮者に共通することなのだろうと思う。
そういう意味では、不健康とされる2番の方がよりクーベリックの音楽をあらわしていると思う。1楽章後半の盛り上がりはそれそのものだ。弦楽器がひたすら忙しい2楽章のアンサンブルはさすがベルリンフィルである。3楽章の美しさ、やはり圧巻なのは4楽章。だまっていても盛り上がる曲ではあるが、折り重なるコラールの見事な事。クーベリックの手に掛かると不健康さよりも、シューマンの喜びを大いに感じることができる。

あまけ?の「ゲノヴェーヴァ」序曲は、ほとんど上演されないオペラで、序曲ですら演奏されない。しかしこの序曲は、大変美しく「マンフレッド」よりも素晴らしい曲だと思うのだけど・・・
2度で登場するホルンのファンファーレの素晴らしさはさすがであり、またフィナーレの圧倒的な高揚感は圧倒的だ。それでいて指揮者の体臭をほとんど感じさせないのが、クーベリックという指揮者の本当の凄みなのだろう。

お勧め度:★★★★

シューマン作曲
 交響曲第1番「春」
 交響曲第2番
 歌劇「ゲノヴェーヴァ」序曲

指揮:ラファエル・クーベリック
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1963、1964年録音
<UCCG−3938>
posted by ズィコフ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(1) | ラファエル・クーベリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。